19 June, 2006

第2戦、対クロアチア

今日はクロアチアを相手にグループリーグ第二戦、現地、ニュルンベルクまで行ってダフ屋でも探してやろーかと思っていたけれど。明日があるし、やること溜まってるし…もはや後先考えず勢いだけで行動する見境のなさを失ってしまったらしい…切ない、ともかく希望と現実のギャップの大きさに負けて断念。日本人数人、その他数人と連れ立ってまたまたオリンピアパークへ。

ただ僕は、日本戦のすぐ後にあるブラジル対オーストラリアの試合会場がここミュンヘンだということを忘れていた。パブリックビューの会場は日本人沢山、クロアチア人えらいぎょ~さん、それでもなお大多数は黄色と緑、ブラジリアンとオージー達で埋め尽くされていた。ドイツの初戦程ではなかったけれど…入場規制がかかるほど、十分カオス。さらに今日の天気のいいこと、雲ひとつ無い晴天。午後三時、気温も30℃近くまで上がり、燦燦と照りつける太陽の下、あの試合…。終わる頃には、モニターの中の選手に負けず劣らずバテていた。

お互い点が取れずにドロー、川口のPKスーパーセーブもあり、何とか皮一枚で首が繋がった。というよりは皮一枚になってしまったという表現が妥当かもしれない。ただ次のブラジル戦が、厳しくなるのは明らかでも、単なる消化試合にならずにすんだだけ良かった。楽しみを本当に最後の最後までお預けにするという、日本代表のサービスには脱帽である。 ということで、今自分達にできることは2つ。楽しみが永遠にお預けにならないように祈ること、そして、「まあもう二つ勝ったんだし、三つ目は僕らに譲ってよ、一緒にトーナメント行こう!」とブラジルを仲間に引き入れること…。

No comments: