01 June, 2006

親善試合 日vs独

これは昨日の話、帰りが遅かったもんで今日日記のまとめ書き…たまにはありでしょう。
昨日の夕方まで試合のあることを知らなかったわけですが、テレビをつけてびっくり。ドイツの国営放送で何と君が代が流れてるではないか。ドイツとの試合、今日だったんだと気付く。色々と論議を呼ぶ君が代、歌詞について深いところは分からないけれど、ともかく異国で聞く君が代は特別だった。華々しくはないけれど、何とも日本的で趣があるあのメロディ、素晴らしさを再認識した。

独りで観戦も空しいので、臨時でプロジェクター設置したというおでん屋さんJ-Barに移動。10人ちょいの日本人、数人のドイツ人と共に観戦。高原の気持ちのいい2ゴールにはドイツ人に後ろめたさを感じつつも、相当盛り上がった。2点リードを守りきれず結果的にドローになったが、親善試合としてはむしろよかったんじゃない。というのが日本人達のコメント…。

サッカーの試合があるときは、静まりかえるドイツの街。この日も例外ではなく、ワールドカップの盛り上がりを予感させる親善試合だった。ドイツ相手に予想以上のパフォーマンスを見せてくれた日本代表。この調子で本戦も頑張ってほしい。