30 July, 2006

ロイヤルミルクティー

昨年の秋、浄水用のフィルタを買った時ににおまけで付いてきた500gもの粉末インスタントアイスティーを今までよく飲んでいたけど。さすがに飽きた。さらに明らかに体にはよろしくなさそ~な味と香りと見事なバラ色…。たまには紅茶らしい紅茶を、まったりとミルクティーでも。

とか思い立ち、「ミルクティーがおいしく飲めるのください」といってお茶っ葉購入。おばちゃんの解説に耳を傾けるも解読できず、お勧め3種類の中から香りと見た目で決めたのはアッサムのブロークンタイプだということが後になって分かった。ちょっとは調べてから買いに行けよー、と自分を責めるも、ミルクティーにするのに間違った買物ではなかったらしい。しかもゴールデンチップスとかいう若葉入り、さすが紅茶専門店のおばちゃん!100gで700円、喫茶店で飲めばティーカップ2杯分の値段、自分で淹れればマグ20杯、淹れるに限る。

しかもこの葉っぱ、うまいのなんの、当たりでした。さらにこれで作ったロイヤルミルクティーは最高。まあ今まで飲んでたのが…とはいえ、違いに唖然。ドイツ人て何であんまり紅茶飲まないんでしょ、しばらくこいつにハマりそう。それにしても夜中にミルクティー煮出したり、試験中に何やってんだろ俺…気分転換てことにしとこう。