06 November, 2006

初雪、そして…

今から思えば11月1日、そう、あの日の夜からいきなり寒くなった。ついその数日前まで昼間は20℃近くまで上がっていた気温は、一気に氷点下すれすれ。雲が水気を手放せばそりゃま水滴としては落ちてきてくれないわけで、初雪になった。明くる日、2日も雪。ここ数日でまた少し暖かくなってその雪も解け、少しほっとできている。去年のミュンヘンは記録的な大雪になったけれど、果たして今年はどうなるだろう。

雪が降りはじめるのと時を合わせるように、街はクリスマスムードに包まれだした。ハローウィーンが通り過ぎたらすぐにクリスマスシーズン。リースやら樅ノ木用の飾りはもちろん、クリスマスシーズン限定チョコレート、この時期定番のレープクーヘン、シュトレンといったお菓子もそこら中で目にするようになった。そしてもうじき街中に温かいワイン、グリューヴァインのスパイスの効いた甘い香りが漂いだすんだろう。

そうこうするうちにクリスマスマーッケットが軒を連ねて、舞い落ちる雪が数々のイルミネーションの光に照らし出され、街が幻想的な雰囲気に包まれても、現実世界の時計はご丁寧にしっかり動いていて、やることは山積み…。この街では、現実逃避なんて恐いくらい朝飯まえだ。でもまあたまにはそんな幻想に、夢の世界に浸るのも悪くない、現実に戻って卒倒しない程度に。