17 July, 2006

Am I an ONLY one?

「出る杭は打たれる」なんて言葉があるけれど、最近、出ない杭は腐るということに強い危機感を感じる。もちろん変に出るのはよろしくありません、いい方向に出る事が前提…。

自分とは全く異なる本当に様々なバックグラウンドを持った人々に囲まれていると、自分がどんなに小さな人間かをよく思い知らされる。世の中狭いこともあるけれど、やっぱり世界は広い。
どこかしら光っている人は、性格的なもの、考え、能力、見た目、どんなものであれ、他人と違うポジティブな何かを持っている。そしてそれを何らかの形で表現し、周りに伝えている。こういった人の中に入ると、自分の色が薄まり、透明人間になりかねない。焦る、焦っても一朝一夕に色濃くはならない。

マッキーやスマップいわく、どんな人も初めからオンリーワン。確かに~、だけどそのオンリーワンに磨きをかける努力はいるだろう。さらにそれを表現するのがなかなか難しい、そしてとても大切。人に伝えられなかったら、自己満足で終わってしまう、ヘタすれば自分でも気付かないままかもしれないわけで、非常にもったいない。

多くの日本人がそうなのかもしれないけれど。自分の場合は特に…「適切な自己の表現」というのは大きな課題。腐りゆく前に、透明人間になる前に、何とかオンリーワンをキープできるように日々努力、と肝に銘じる今日この頃。

No comments: