22 March, 2011

巨大地震、今できること

2011/3/11 (Fri) 14:46 (JST) に起こった大震災。

震源は三陸沖でM9.0、最大震度7。地震そのもののデータを見るだけで十分恐ろしい。でも、
地震 → 津波 → 原発事故 と、
地震を発端にして起こった津波と福島第一原発の事故が被害と影響を拡げる結果になって、地震発生から10日経った今でも、増え続ける被害状況の数字。


地震が起きたとき、僕はビルの 20 階。震源から400km 離れた東京でも、震度5強の揺れはかなりの恐ろしさだった。
ビルがミシミシとしなるたび、人々の悲鳴とともに可動式のロッカーや開閉を繰り返す防火扉が「ガラガラ、バターン!」と凄い音を立てる。そんな状態が数分続き、ようやく揺れが一段落したときには、皆船酔い状態だった。

東京でもあの怖さだ。震源に近い人々、ましてや、後から映像で見ても震え上がるようなあの津波に襲われた人々は、どんなに怖かっただろう。察するに余りある。そして大切な家族、友人を失った人達や、まだそれさえも分からない人々の心中を考えると、心も痛み、居ても立ってもいられない。


とはいえ被災者を想って暗い顔をしていても、焦ってみてもどうしようもないし、現状じゃ気持ちだけで被災地に飛んでっても邪魔になるだけ。今は、ただただ東電の原発対応メンバーや、ハイパーレスキュー隊、自衛隊をはじめとした、命懸けで事態の改善に取り組んでくれている人々の活動を認識して、その努力と勇気に感謝し、エールを送ること。そして、今後必ず必要になる支援の準備をすること。

お金や物資のことだけじゃなく、傷ついている人々を励ます為のエネルギーを蓄えることも大事だと思う。かなり大変だし生活や仕事への影響も大きいけれど、計画停電くらいで心乱してる場合じゃーない。自分が元気で心の余裕もなくては、人を元気にできるわけがない。

少なくとも今は、数々の問題がどこや誰の責任だとか、誰かの失言がどうとか、そんなことを言ってる時じゃない。あらゆる中傷はマイナスにしかならないわけで、報道のための労力、時間、心の傷つけ合い、電力、電波、新聞紙面、すべてが無駄。今は皆で助け合うことだけを考えるべき時のはず。


そんなこんなで、心穏やかでない今日この頃ですが、被災地から離れていても、お金がなくても、手軽に被災者の為にできること、ひとつ見つけました。もちろん他にもできることは山程あるでしょうが。。。

被災地各所の避難所等に貼り出された被災者の手書きの安否情報、これが被災者間や避難所間で、充分にシェアできてない状況が続いているようです。少しでも情報を整理して、手軽に検索などができるように、手書きの安否情報写真を文字にしてデータベース化する作業のボランティアを Google で募集中。

"Google Crisis Response ボランティア"

※有志の方がまとめてくださったページを追記↓
「Person Finderテキスト化&登録まとめWiki」


今回はラッキーにも直接の被災は免れたこの身としては、こういう小さなことでも、自分にできることを見つけて続けていかなくちゃーいけない。


今回の地震と津波で亡くなられた方々のご冥福を心からお祈りします。
被災され、避難所生活を強いられているみなさん、苦境にめげず頑張ってください。
そして原発で危険を承知で作業中の東京電力のみなさん、消防、自衛隊のみなさん、ありがとう。事態の好転を願いながら、あなた方を誇りに思い、エールを送り続けます。

_